よこそ川根温泉へ

川根温泉について

この温泉は風光明媚な島田市川根町笹間渡の大井川ほとりに平成6年に開湯致しました。

非火山性の温泉としては屈指の湧出量を誇り、地下1,140メートルから48度を越える温泉水が毎分800リットル以上も自噴しております。豊富な湯量かつ適度な水温ゆえ、源泉掛け流しの状態を保つことが可能になっております。

また、源泉から浴槽までの距離もわずか110メートルであり、温泉水の劣化も少なく、新鮮な温泉水での入浴を楽しむことができる貴重な温泉となっております。

泉質はナトリウム・塩化物温泉(旧泉質名:食塩泉)であり、非常に多くのミネラル分を含んでおります。この泉質は昔から「熱の湯」などと呼ばれており、入湯によって温泉成分が皮膚に付着することによって熱の放射が少なくなるため、特に保温効果が高いのが特徴です。

そのため、全身の血流を改善し、神経痛や筋肉痛、関節痛といった慢性疼痛緩和に有効です。加えて本施設には工夫をこらした各種浴槽の他、プールまでも備えてあり、水中運動と併せることによって様々な健康づくりを行うことができます。

さらに、蒸気機関車が見える美しい大井川や緑多い山々に囲まれた自然環境は、日常生活で乱れた自律神経系、免疫系、ホルモンバランスを本来の整体リズムに整えるはたらきがあり、このような効果は温泉医学分野では総合的整体調整作用と言われております。 日帰り入浴でもある程度効果は期待できますが、昔ながらの温泉療養では2〜3週間かけてゆっくり体調を整えます。

以上のように、数々のすばらしい条件を兼ね備えた川根温泉は希少なものであり、 皆様方の健康づくりにお役立ていただけるものと思います。

ページの先頭へ戻る

トップページ