川根温泉ブログ

1  2

2010.06.27川根茶の香りでおもてなし

6/27(日)の夕方、フロントの前に立つとほんのりお茶の香りが・・・

茶香炉.jpg

ん~?見慣れない何かがありました。近づいてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

茶香炉2.jpg

これは『茶香炉』といって、お茶を伝熱で暖め、香ばしい香りをされるアロマグッズのひとつ。

しかも、遠州一会窯の佐藤さんの『手作り茶香炉』です。

温泉マークを入れた香炉に、台座や電球、コンセントを温泉スタッフが取り付けた世界にひとつだけの『川根チャー(茶)専用茶香炉』です。

 

 

 

 

 

 

 

茶香炉3.jpg

さらに良く見ると、手拭いを乗せたおじさんが気持ち良さそうにしています。

数日前から事務所内に設置し、伝熱の具合やお茶の量などを確認し、本日夕方、やっとデビューできました。

ちなみに茶香炉に入れているお茶ですが、地元の荒茶製造業者から譲ってもらった『茶ほこり』です。

茶ホコリ.jpg

荒茶を製造する際、茶工場内に細かいお茶の粉が舞っています。茶工場内を清掃するたびに出る、いわば産業廃棄物です。

空気中のホコリと一緒なので、飲んだりお風呂に入れたりするのは難しいですが、お茶の香りがする芳香剤としては優等生なのです。

 

茶処らしく、お茶の香りでおもてなしをしようということで設置してみましたが、事務所と違って玄関からの風で香りが流れがちですね。もうちょっと香炉を増やすか、置き場所を変えてみようかな。

2010.06.26園児が踊る川根温泉テーマソング

今、かわね保育園では、川根温泉テーマソングで踊りの練習をしています。

振付はテキトーに考えて踊っているというお話で、7/24(土)のかわね保育園で開催される夕涼み会や8/15(日)野守の池で開催される野守まつり盆踊りで披露できるように練習中だそうです。

皆様、ご近所お誘い合わせの上、是非ご覧になってくださいませ。

小さな子たちが川根温泉テーマソングを聞いて踊ってくれるなんて、お子様からご年配の方までホントに地元に愛される温泉なんだなぁと思いました。     KE

2010.06.23ホタル鑑賞、ぼちぼち終わり。

川根のホタル乱舞もピークを過ぎ、数はだいぶ減ったようです。

今年は発生が遅れ、梅雨らしい雨の多い日が多かったため、川の増水などで水面に映る光が楽しめる日は、例年より少なかったかなと思いました。

ただ、お茶の新芽も凍るような自然の営みの中、今年も昨年同様、たくさんのホタルが舞う姿を見れて、とても嬉しかったです。

『今年もホタルが出たよ。』『あっちの方がたくさん出てたよ。』そんな当たり前のような会話が、この先ずっと続いていくといいなと思います。     KE

2010.06.18川根のホタルスポット

先日、交流センターささま周辺以外でもホタルが飛んでいるという話も聞いたので、①抜里のホタル発生地と②笹間渡の初瀬橋下をみてきました。

①抜里のホタル発生地

国道473号線と県道63号の交差する信号を国道方面に車で進むこと3分。昼間でも見落としがちな路地に『ホタル発生地』の看板を発見。ちょっと進むと小さい駐車場がありました。

昼間に一度寄った時も暗そうだなぁと思いましたが、夜になると本当に真っ暗。懐中電灯必須です。沢水の音が切り立つ木々に木霊していました。

真っ暗な分、ホタルの光が美しく、50匹ほどが100mほど道案内してくれるようで幻想的でした。

 

②笹間渡の初瀬橋の下

去年も結構飛んでいましたが、今年もたくさん飛んでいました。たぶん100匹くらいかな。こちらは雨が降っても川の流れが速くならないようで、ホタルも楽しそうに乱舞していました。

抜里ほどではないにしてもこちらもかなり暗く、懐中電灯必須。土手川の手すりは古びた紐なので、行く際はご注意ください。

あと、どこかに堆肥があるらしく、ちょっとロマンチックな気分が薄くなったのが残念でした。

 

写真がなくてイメージしにくいと思いますが、来年こそは夜間撮影可能なカメラをGETして再チャレンジしてみたいと思います。

 

ちなみに雨が降るとホタルもあまり飛びません。川根はしばらく天気は不順みたいです。早く雨があがるといいですね。     KE

2010.06.16ホタル、ミニ情報

今朝、降っていた雨もあがり、川根はお出かけ日和。なんでも日中は30℃近くになるとか。今日は暑くなりそうです。

ちなみに蒸し暑い夜は、ホタルがたくさん飛ぶそうです。

ただ、雨上がりは川の水量も多いので、穏やかな川面の時のように、ホタルの光が映らないかも。

川根には、笹間以外にもホタルの見える所が数か所あるということなので、チェックしてみますね。     KE

ページの先頭へ戻る

トップページ