川根温泉ブログ

1  2  3

2010.09.30山の音楽会・大久保フォルク

島田市と藤枝市のちょうど市境あたり(ちょっと藤枝寄り)にある、大久保グラススキー場・キャンプ場の方とちょくちょく一緒にお仕事させていただいています。ここの方は中山間地の活性化に取り組んでいる方で、同じ中山間地の川根温泉もいつも勉強させていただいています。

瀬戸谷コロッケ、藤枝デートアプリなどなど、数々の企画をしているのですが、今回は第6回目となる大久保フォルク2010が10/3(日)に開催されるそうです。

folk2010.jpg

今年は、昨年好評だった日本を代表するサンポーニャ奏者である岡田浩安氏率いるフォルクローレユニットと国民文化祭和太鼓部門の静岡代表の藤枝太鼓に出演いただく。
大久保の人気グルメ「ジャンボ串焼き」「せとやコロッケ」そして「子育てまんじゅう」なども特別販売。
詳しくは、http://www.o-kubo.info/folk2010.html

だそうです。画像は小さいのでURLをクリックしてみて。

 

川根温泉のホームページですが、たまにはがんばってる施設さんの応援もしたいと思います。

2010.09.29アクセス数が伸びている?

川根温泉ホームページリニューアル後、アクセス解析をしてもらったところ、一日2,300弱のアクセスがあるそうです。

平成22年2月7日~9月25日までで、のべ540,982のページビューがあり、随分たくさんの人の目に触れているとのこと。リニューアル前は一日700アクセス程度だったらしいので、3倍くらい増えている計算になります。たくさんなのは分かりますが、あまり実感がわかないのが正直なところです。

これからも旬の情報(ネタ)を旬のタイミングで提供できるように心がけたいと思います。

 

そんな訳で、今の旬ネタ。秋の新メニュー『手羽先からあげ』、かなりイケます。うまいです。ちょっと手が汚れるのがネックですが、これはオススメできそうです。       KE

2010.09.28ぼくらはみんな、生きている

島田市川根町は、海までは1時間半くらいの距離で、山と川に囲まれた山里にあります。いわゆる田舎ですので、たまに虫も出てきたりします。

つい先日は、どこからともなくミツバチの大群が飛んできたり、雨の後にムカデが出てきたりと、こちらの都合お構いなしのアポなしで来るものですから、突然の訪問にビックリすることもしばしば。でもまぁ、大概、ワーっと来て、ワーっと帰っていくパターンが多いです。

地上の生物で一番多いのは、細菌、カビなどの原生生物で、その次あたりに虫が出てくるのですが、目に見える大きさで話をすれば、虫になってくるのでは。自然と共生するということは、彼らとも仲良く付き合っていかないといけない訳です。

とは申せ、見た目があんな感じですし、関係性に有益なものも感じないので、仲良くするのは難しいですね。人と友達になるのと自然や虫達と友達になるのは、やっぱり違いますわ。コミュニケーションって、ものすごく大切なんだなぁと改めて感じる今日この頃です。       KE

2010.09.26具だくさん島田汁

島田の食育の一環で、『具だくさん島田汁』というものを推奨しています。

島田汁の定義は、

①5品目以上10品目以下の品目を盛り込むこと。

②地元産食材を最低1種類以上入れること。

③仕上げにお茶の粉をかけること。

だそうです。食育ということで、たっぷり野菜を無理なく摂取し、健康につなげていくのが目的とか。

 

じゃあ、同市内ということで川根温泉でもやってみましょうかと試作中です。秋メニューに間に合えば良いのですが、お時間いただけると幸いです。やるならちゃんとしたもので出したいので。食と健康、そこに美味しさは欠かせませんよね。

ちなみにお隣の日帰り温泉『伊太和里の湯』さんでは、すでに200円で販売中。今度食べに行ってみようかな~。       KE

2010.09.25磨け!人間力

「絶対面白い講演会があるから見にこない?」

と友人から誘われ、中村文昭氏の講演会に行ってきました。

 

買ったチケットを見てみると、

『笑いあり 涙もあり まさに心を震わせ 元気のスイッチが入る講演会』

と書いてありました。・・・う~ん、ウルルン滞在記みたいなのかなぁ、と思いながら聞いてみました。

 

講演を聞いてから改めてこの文章を読み返すと、すご~く納得しました。ある意味、中村氏の人生劇場であり、人間の可能性が見えてくるセリフだけの一人舞台でした。

講演会に興味なくても、近くでやってたら是非見に行ってみてください。日本中で中村さんみたいな人がもっと増えたら、きっと日本の未来は変わってきますよ~。会場にいた人達の何人か、スイッチが入ったみたいですし。       KE

ページの先頭へ戻る

トップページ