川根温泉のロゴ

川根温泉のロゴ

サンプル画像

川根温泉全体図

平面図内の各場所をクリックするとその詳細ページへリンクします。

道の駅 川根温泉とは

道の駅全体の写真

川根温泉は1999年の8月に静岡県内10番目の道の駅として認定されました。休憩や情報発信、食事処といった基本機能だけの道の駅ではなく、露天風呂からSLが見える日帰り温泉「ふれあいの泉」や全棟温泉付き「ふれあいコテージ」といった個性的な施設も備えた複合型の道の駅となっています。また、地元の生産者が丹精込めて育てた生鮮品や手作りした加工品の販売、川根茶の手もみ体験教室なども開催しており、活力ある地域作りへの貢献にも力を入れています。

静岡県でもトップクラスの温泉!

毎分730リットルの自噴泉!温泉が吹き出ている写真
川根温泉では毎分730リットルの源泉が自噴しており、その湯量は静岡県内でもトップクラスを誇っています。また、多くの温泉施設は温泉を貯湯槽に一度貯めてから浴槽内に注いでいるため、湧出時より時間が経過することで酸化現象が起こり湧出時と成分が異なる場合がありますが、「ふれあいの泉」では湧出された温泉を数時間以内に供給するように努めており、新鮮な温泉を肌で感じていただけます。
全浴槽掛け流し!湯口の写真
豊富な湯量により「ふれあいの泉」では男女合わせた11箇所の浴槽全てを掛け流しで運営しています。多くの温泉施設は循環と消毒処理をした温泉を浴槽内で再利用していますが、「ふれあいの泉」では浴槽内に常に新しい源泉のみを注いでいるため、鮮度が高い温泉です。また、浴槽内の温泉は毎日営業終了後に全て抜き、翌日の朝に新しい温泉を注いでいます。
湧出量自噴730ℓ/分(日量1,051 t)
最大湧出推定2,100ℓ/分(日量3,024t)
良質な天然温泉!露天風呂の写真
泉質は塩化物イオンを多量に含む「ナトリウム—塩化物温泉」に分類され、温まりやすく、入浴後も塩の微細な結晶が汗腺を防ぐため湯冷めしにくいため、別名「熱の湯」とも言われています。また、高張性の温泉に部類されるため、温泉の成分が身体に浸透しやすく、高い薬理効果を期待することができ、その泉質の良さから県内外から多くの利用者が訪れています。温泉を調査した結果では、約2万年前の地下水と古海水が混じり合っている可能性があり、太古の恵みとして貴重な温泉であることも判っています。
泉質ナトリウム—塩化物温泉(高張性弱アルカリ性高温泉)
ランキング上位を獲得!ゆらんランキングの写真
うるおい日本プロジェクト主催、環境省・観光庁後援の「温泉総選挙」において2016年ファミリー部門で日本全国第3位、メディア選考部門では「ママスタジアム賞」にも選ばれました。その他にも、関東から中国地方で展開する「天然温泉シールラリーゆらん」において泉質・施設・接客の総合得点から「静岡・山梨・長野エリア1位」、静岡県内においては5年以上連続1位を獲得しています

全国でも珍しいSLの見える露天風呂

露天風呂からSLが見える写真

川根温泉の目の前を流れる大井川流域には大井川鐵道のSLが走っており、全国各地から鉄道ファンが訪れる聖地としても人気です。また、「ふれあいの泉」では、露天風呂からSLが走る姿を見ることができるため、全国でも大変珍しい名所として知られています。
SLは、12:3015:30に下りと上り、一本ずつ通過致します。
夏休み期間中や紅葉の季節は、本数が増える事があり、冬季は運休日があります。
詳しくは「大井川鉄道ホームページ」を確認ください。

川根温泉の歴史

歴史の写真

年代を押すと内容が表示されます。

2017年
2月
入館七百万人達成※オープンから18年7ヶ月
2016年
河川敷緑花計画、Wi-Fi設備、道の駅拡張、ナノ水導入、温泉選挙2016ファミリー部門第3位受賞
2015年
マレットゴルフ場・グランドゴルフ場オープン
2014年
12月
開湯二十周年
2013年
10月
入館六百万人達成※オープンから15年2ヶ月
2010年
9月
入館五百万人達成※オープンから12年2ヶ月
2008年
7月
ふれあいの泉 十周年
4月
島田市と川根町が合併
1月
入館四百万人達成※オープンから9年6ヶ月
2007年
11月
川根温泉温泉水の年代測定を放射性炭素同位体測定等を行う。
約二万年前の古海水であることが判明
2006年
9月
川根温泉入館三百五十万人達成
2005年
7月
川根温泉入館三百万人達成※オープンから約7年
2004年
5月
川根温泉入館二百五十万人達成
2003年
11月
第五駐車場を整備(現在の川根温泉ホテル)
10月
大井川鐵道線、笹間渡駅の駅名を『川根温泉笹間渡駅』に変更
3月
川根温泉入館二百万人達成※オープンから約4年8ヶ月
2月
無料の『足湯』が道の駅外売店横にOPEN
2002年
5月
川根温泉入館百五十万人達成
2000年
12月
川根温泉入館百万人達成※オープンから約2年4ヶ月
4月
道の駅外売店・農業体験施設・ふれあい茶房OPEN
1999年
8月
川根温泉が静岡県で十番目の【道の駅】に認定
1998年
7月
日帰り温泉『川根温泉ふれあいの泉』OPEN
4月
一棟貸し宿泊施設『ふれあいコテージ』OPEN
2月
第3セクター(株)川根町温泉設立
7月
『茶里夢の泉』が、一〇一四日営業で七二万人以上が利用
1995年
5月
簡易温泉施設『茶里夢の泉(ちゃりむのいずみ)』OPEN
大井川河川敷に簡易浴槽設置
1994年
12月
開湯
掘削終了。確認深度一一四七mから毎分800ℓ以上が湧出
11月
掘削開始
1993年
9月
温泉調査終了
1992年 温泉調査開始
ページの先頭に戻る